【世界史小噺】グアテマラ民主政府「アメリカ企業の使ってない土地を企業が申告した価格で買い取ります」そして政府は滅んだ

1 : 2022/05/12(木) 18:56:04.59 ID:tB0Gf8iL0

アルベンスが近代化の要としたのは農地改革法案 だった[34]。アルベンスは共産党および非共産党の経済学者の助けを得て、法案を自ら起草した[35]。
法案は1952年6月17日に議会を通過し、即日発効した。改革の根幹は大土地所有者の所有する耕作されていない土地を貧困にあえぐ労働者に譲渡し、
彼らが自分自身の農地として使うことができるようにするというものだった[34]。

アメリカ合衆国からの要請によって1951年に世界銀行がグアテマラに対する借款を拒絶したため、深刻な資金不足が生じていた。
農地改革法案は公共インフラ計画に必要な資金を捻出するためにも必要とされた[36]。

土地を徴用された所有者はその土地の価格に等しい金額を政府によって補償された。
土地の価格自身は1952年の税金申告にもとづいて決められた[36]。35万人の私有地所有者のうち、この法案に影響されたものは1710人だけだった。

1954年6月までに140万エーカー(57万ヘクタール)の土地が徴用・再配布され、人口の1⁄6にあたる50万人が土地を割り与えられた[36]。
1953年7月7日には国立農業銀行(Banco Nacional Agrario, BNA)が設立され、土地を得た人々のために小口の貸出を行い、1954年6月までに貸出額は900万ドル以上にのぼった。53,829人が平均225ドルを借り、これはグアテマラのひとり当たり収入の2倍にのぼる[36]。
返済率も高く、1953年3月から11月に貸した3,371,185ドルのうち、1954年6月までに3,049,092ドルが返済された[36]。
法はまた再配布した土地の中の道路の国有化を提供し、地方の交通を大幅に改良した[36]。

農地改革法によってグアテマラの農業生産性はわずかに向上し、耕地が増大した。農業機械の購入も進んだ[36]。
全体として法は主に先住民から構成される農民家庭の生活水準を大幅に向上させた[36]。
歴史学者Piero Gleijesesによれば、比較的少なかった恣意的な土地の差し押さえにくらべ、この法によって正された不公正は遥かに大きかった[36]。
歴史学者Greg Grandinによれば、この法には多くの欠陥があり、特に農園主に対して丁重に過ぎ、農民間の社会分断を生んだが、
にもかかわらず従来周縁化していた人々に有利になる基本的な権力の移動を代表している[37]。

https://naotatsu-muramoto.info/sekaijousei/minsyusyugivs/minsyusyugivs6.html

2 : 2022/05/12(木) 18:56:24.04 ID:tB0Gf8iL0
ユナイテッド・フルーツとの対立

ユナイテッド・フルーツ・カンパニー(UFC)は長年ウビコ政権と関係を持ってきたため、1944年革命後のグアテマラの発展の障害物と見なされていた。
UFCが有色人種を差別したために会社のイメージはさらに悪化した[38][39]。
UFCはグアテマラ最大の土地・雇用者を所有しており、アレバロ政権の改革の影響をもっとも強く受けた。
中でも政府が通過した労働法規は賃金の上昇や雇用確保を求めるための労働者のスト権を認めていた。
UFCは改革が自社を標的にしたものと見なし、新法規に反するにもかかわらずストライキに対して交渉することを拒絶した[40]。
1952年のアルベンス政権による農地改革法も同社には問題になった。
UFCの所有する22万ヘクタールの土地のうち耕作されていたのは15%のみであり、それ以外の休閑地が農地改革法の対象とされた[40]。

UFCはアメリカ合衆国政府に対してロビー活動を行い、議員の多くはグアテマラ政府がUFCの利益を保護しないことを非難した[41]。
これに対してグアテマラ政府は、UFCが国家発展のための主な障害であると答えた。
アメリカの歴史学者たちは
「グアテマラ人にとっては、巨大な利益を得ながら国家の福利にいかなる貢献もしない外国企業によって国家が無慈悲に搾取されていると考えられていた」
と述べている[41]。

1953年に20万エーカー(81,000ヘクタール)の未耕作地が政府に徴用され、1エーカーあたり2.99ドルが支払われたが、これはUFCが土地を買ったときの価格の2倍だった[41]。
その後土地はさらに徴用されて全体で40万エーカー(16万ヘクタール)に達した。政府はUFCが納税目的で評価した価格を補償として支払った[40]。

これに対してUFCはさらなるロビー活動を、とくにUFCと密接な関連をもつ国務長官ジョン・フォスター・ダレスに対して行った[41]。
UFCはPR専門家のエドワード・バーネイズを雇用し、UFCが何年もの間グアテマラ政府の被害者になっていると印象づけた[42]。
1952年にドワイト・D・アイゼンハワーが大統領に就任するとさらに調子を強め、タカ派の会社に依頼してグアテマラ政府に批判的な235ページの報告書を作成させた[43]。歴史学者はこの報告書を「誇張、下劣な表現、奇妙な歴史理論」に満ちていると述べている[43]。しかしながらこの報告書を送った議員たちには重要な影響を及ぼした。UFCはアメリカの議員や一般人にグアテマラ政府を倒す必要があると考えさせるために50万ドル以上を費した[43]。

3 : 2022/05/12(木) 18:57:38.55 ID:tB0Gf8iL0
トルーマン政権下では1944年にグアテマラ政府に対して武器を禁輸した。1951年にはグアテマラが他の国から武器を購入することも妨害した。
1952年にトルーマンはアルベンス政権の転覆計画を密かに立てたが[46]、国務長官ディーン・アチソンの説得によって中断された[46][47] (Operation PBFortune) 。

1952年11月にドワイト・D・アイゼンハワーが大統領に就任すると一層反共的な傾向が強まり、
また国務長官ジョン・フォスター・ダレスおよびその弟でCIA長官のアレン・ウェルシュ・ダレスはUFCと密接な利害関係を持っていた。
このことがアイゼンハワーをアルベンス政権転覆に向かわせることになった[48]。
クーデターを起こす候補者としてCIAが選んだのはカルロス・カスティージョ・アルマスだった[49]。

1954年、アルベンスはチェコスロバキアから武器を輸入した。これは東側諸国からアメリカ州にはじめて武器が輸入された例になった[50]。
このことはCIAが最終的にクーデターを決断する原因になった[51]。

1954年6月18日、カスティージョ・アルマスの率いる480人の兵士を載せたトラック隊がホンジュラス国境からグアテマラへ侵入した。
CIAは武器を供給したほか、ニカラグアとホンジュラスのキャンプで兵士を訓練した[52][53]。
カスティージョ・アルマス軍自体は規模が小さすぎて脅威とはならなかったが、CIAによるプロパガンダ放送ははるかに大きな影響をもたらした。
CIAはグアテマラのパイロットに寝返りを求め、恐れたアルベンスは全空軍を地上待機させた[52]。
CIAはまた心理的効果を狙ってアメリカのパイロットを乗せた航空機でグアテマラの都市を爆撃させた[52]。

グアテマラは国際連合に訴えたが、アメリカは安保理事会においてグアテマラの国内問題であるとして事件の調査に対して拒否権を発動した[54][55]。
6月25日にCIAの航空機は首都グアテマラシティを爆撃して政府の主要な石油備蓄基地を破壊した。
恐れたアルベンスは軍に武器を農民・労働者に分配することを求めた[56]。
軍はこれを拒否し、アルベンスの辞職またはカスティージョ・アルマスとの協議を持つことを要求した[56][55]。軍の協力を失ったアルベンスは6月27日に辞職した[56][55]。

アメリカ大使ジョン・ピューリフォイは7月7日にエルサルバドルでグアテマラ陸軍とカスティージョ・アルマスの間の会合を開き、
これによってカスティージョ・アルマスは軍事評議会の一員とされ、数日後に臨時大統領に就任した[56]。
7月13日にアメリカ政府は新政権を承認した[57]。

10月はじめに選挙が行われたが、他の政党は参加を禁止され、唯一の候補であるカスティージョ・アルマスが99%の票を得て勝利した[56][58]。
エルサルバドルでの会議の結果として新しい憲法が起草され、
革命によってもたらされた進歩的改革の大部分は元に戻された[55]。

4 : 2022/05/12(木) 18:58:26.48 ID:q8Svq70a0
アメリカなんかと関わっちゃダメ
5 : 2022/05/12(木) 18:58:32.03 ID:tB0Gf8iL0
クーデターによって軍事独裁政権が成立した後、
地方で一連の左翼ゲリラが発生し、これがグアテマラ内戦を引きおこして1996年まで続いた。

ゲリラ団体のうち最大のものは貧民ゲリラ軍 (es:Ejército Guerrillero de los Pobres) であり、最大27万人のメンバーを有していた[59]。

内戦で20万人の非戦闘員が殺5され、大量虐殺、強姦、空襲、強制失踪を含む大規模な人権侵害が発生した[59]。

歴史学者の推定によるとこれらの人権侵害の93%はアメリカ合衆国の支援する軍隊によるものであり[59]、

1980年代に起きた先住民のマヤ人に対するジェノサイド的な焦土作戦もこれに含まれる[59]。

6 : 2022/05/12(木) 19:01:01.27 ID:TIpSainZ0
アメリカとかいう畜生
7 : 2022/05/12(木) 19:01:13.70 ID:c6VlwLE00
アメリカって植民地経営下手くそだよな…
8 : 2022/05/12(木) 19:01:26.03 ID:XRbwk6it0
アメップ怖すぎ
ジャップの未来だろこれ
9 : 2022/05/12(木) 19:01:52.83 ID:tB0Gf8iL0
解説①

>UFCの所有する22万ヘクタールの土地のうち耕作されていたのは15%のみであり、それ以外の休閑地が農地改革法の対象とされた[40]。

何故これだけの土地が放置されていたのかというと、UFCが市場を独占し他の者が参入して来るのを妨害しつつ
価格を釣り上げるためにあえて荒れ地のままにしていた
このため、グアテマラに対して莫大な損害が出ていた。

10 : 2022/05/12(木) 19:02:02.97 ID:VuYHkns30
まあよくわからんけれどアメリカと関わった奴が悪い
17 : 2022/05/12(木) 19:07:02.23 ID:TIpSainZ0
>>10
米企業がグアテマラで搾取できなくなって政府に泣きつく

グアテマラに嫌がらせしまくって最後はCIAがクーデター画策

大虐殺
12 : 2022/05/12(木) 19:02:42.38 ID:VuYHkns30
アメリカ人は相当頭悪いぞ
ハーバードの奴とか見てたらジャップと同じくらいアスペなんじゃね
23 : 2022/05/12(木) 19:11:33.71 ID:FIrA+CUtx
>>12
むしろそのレベルは頭が良すぎて常人からはアスペにしか見えないってだけでは
しかもこのケースのどこに馬鹿要素があるのかが分からん
最初から眼中にない相手を搾り取って殺したってだけだからただの賢い畜生だろ
26 : 2022/05/12(木) 19:13:37.73 ID:57EsHcwl0
>>23
本当に賢いなら生かさず殺さずの持続可能な搾取をする
米がやってる事って結局は世界規模の焼畑農業でしかないわ
13 : 2022/05/12(木) 19:04:03.22 ID:tB0Gf8iL0
解説②

> 1953年に20万エーカー(81,000ヘクタール)の未耕作地が政府に徴用され、1エーカーあたり2.99ドルが支払われたが、
> これはUFCが土地を買ったときの価格の2倍だった[41]。
> その後土地はさらに徴用されて全体で40万エーカー(16万ヘクタール)に達した。
> 政府はUFCが納税目的で評価した価格を補償として支払った[40]。

このときの買い取り価格は実際、土地本来の価値に比較して著しく低いものであった
そもそとUFCが脱税するために意図的に極めて安い金額で申告していた為である
自分で不正申告した価格がブーメランになって帰ってきた形

14 : 2022/05/12(木) 19:05:13.44 ID:SsEe55f4a
なげーよ
16 : 2022/05/12(木) 19:06:15.96 ID:quMiBB5q0
世界最大の暴力団アメリカ合衆国
18 : 2022/05/12(木) 19:07:04.58 ID:PoxmzgbI0
アメリカ糞過ぎ
20 : 2022/05/12(木) 19:08:41.03 ID:gkkGIjHc0
グアテマラとかニカラグアとかチリとかアメリカは中南米ではブリカスの如き所業を行っている
21 : 2022/05/12(木) 19:08:46.76 ID:7tCgAY/U0
なーにが小話じゃ
出来も大してよくないwikiの転載じゃねえか
22 : 2022/05/12(木) 19:09:46.46 ID:WRr44y0QM
ケンモメンは社会主義推しなんだっけ?
哀れ(爆
24 : 2022/05/12(木) 19:13:03.71 ID:T2JXzUtM0
中南米はアメリカの庭だからね
30 : 2022/05/12(木) 19:18:18.83 ID:YtJsIeFP0
キューバにも似たようなことやったからキューバは社会主義化して土地を強制接収した
そして人類が滅びかけた

コメント

タイトルとURLをコピーしました